箸蔵とことんとは

  1. TOP
  2. 箸蔵とことんとは

地域交流拠点 箸蔵とことんは高齢者/障がい者のプロである社会福祉法人池田博愛会が管理・運営しています。
三好市生涯活躍のまちづくりにおける地域再生推進法人として地域交流拠点を開設することにより、
地域の拠り所、安らぎの場所として地域の産業を支え雇用を生み経済を活性化させる事により、
次世代に繋ぐことをコンセプトとしています。

名前の由来

【箸蔵】とは箸蔵とことんがある地域の名前、また、「はしわたし」「外との懸け橋」としての役割を担うという思いがこもっています。
【とことん】とは小さなお子様からご高齢の方等への配慮を徹底的におこなうという気持ちを表しています。
その二つを掛け合わせて箸蔵とことんという名前が生まれました。

箸蔵とことんの
4つの特徴

  1. POINT1 買い物支援

    食料品・日用品・1年間保存可能オリジナルのレトルト惣菜、とことん食堂で毎朝調理している惣菜、地域の農家さんが育ててくれた新鮮な野菜などを取り揃えております。また、山間部に住まわれている日々の買い物に不自由されているご高齢の方等に対してはエリアと時間を決めて移動販売を行っております。

  2. POINT2 子育て支援

    子育てに悩んでいるお母さんやお父さん向けの講座、キッズスペースを利用した「読み聞かせ」「作品づくり」を開催していきます。今後は各関係機関と連携し、子育て相談等の支援ができる窓口も設置していく予定です。

  3. POINT3 自立支援

    とことんベーカリーでは障がい者の方と一緒に仕事をしています。パンを作る手伝いだけでなく、パンの配達も一緒におこない、自立できるように取り組んでおります。

  4. POINT4 多世代交流

    阿波踊りの披露、作品展の開催など、小さなお子様からご高齢の方までが楽しめ、交流できるイベントを開催しています。「こんなイベントを開催してほしい!」というご意見もお待ちしております。